スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫陽花物語 1

窓から、青い空にはためく鯉のぼりが見える。
座卓の上には、三つの湯飲み茶碗が置かれている。
茶色い表紙の見合い写真を、瑠美は手に取った。
と、実直そうな男性の笑顔が現れた。
黒縁の眼鏡。七三に分けたオーソドックスな髪形。至極無難な背広。華やかなネクタイ。
「お母さんがまだ入院している時になんなんだけど、どうかしら。一度会ってみない? 先方さんも大乗り気だし」
そう言うと、静香は「身上書」と書かれた、白い封筒を差し出した。
「おばさん、ありがとう。いつも気に掛けて下さって。でも、私まだそんな気になれなくて・・・」
「そんなに固く考えずに、取り敢えず会うだけでもいいのよ。何も今すぐに結婚とか考えなくても。転勤が無くて、おまけに三男っていうのは、なかなか無いわよ。めったに出ないわ」
瑠美は身上書を開いた。
『名前 加藤裕史』
『住所 千葉県千葉市稲毛区・・・』
『職業、身長、体重、家族構成』などが書かれてある。
襖を開けて、父の順三が現れた。
座卓の上の見合い写真を手に取り、ひとしきり眺めた後、瑠美の手から、身上書を取り、ざっと目を通した。
「景色のいいところは、住みにくい・・・」
何かぼそぼそっとそう言って、順造はいなくなった。首を傾げ、後姿を見送る静香と瑠美。
どういう意味かしら・・・?
頬を寄せながら、じっと見合い写真を眺めた。
「お父さんの言ってること良くわかんないけど、わかるような気がする」
瑠美と静香は頷きながら微笑み合った。
「確かに。一生、余分な苦労はせずに済みそうね」

牡丹の花が風になびいている。
お茶を入れ替える瑠美の白い手と可憐な横顔が、初夏の光に照らされている。
「ああ、いい香り・・。新茶の季節ね」
静香はお茶を美味しそうに飲み、庭に咲く見事な牡丹の花に目をやった。
「女は望まれるうちが花よ。女は花と一緒。差別だって言われるかも知れないけど、女は男と違って綺麗で可愛い分だけ、年を取るのが早いのよ。私を見れば判るでしょ?」
そう言って、静香はうふふっと笑った。
「そんな。静香おばさんは、私が物心ついた時から変わらず、ずっと美人です」
静香はうれしそうに微笑み、自分の手を瑠美の手に重ねた。
「瑠美ちゃんには幸せになって欲しいの。自分が幸せになるためには、周りの人にも幸せになってもらわないと、本当の幸せにはなれないのよ。分かるでしょ」
「はい・・・」
瑠美は頷いた。
「仲人も、これでなかなか大変なのよ。結納金が新札じゃ無かったって、式直前になって断る人もいるしね。どうにも収まらなくなって、自腹を切ることもあるのよ」
そう言うと、静香は顔を曇らせた。
「・・・そうなんですか。大変なんですね」
「でも、無事縁談がまとまって、子供が生まれましたって、家にお子さんを連れて挨拶に来てくれると、仲人をやってて良かったって心底思うの。お誕生祝いには、私は、いつも赤ちゃんの靴を贈るの。縁起がいいのよ」
静香は瑠美を優しく見つめた。
「お母さんに、早く孫の顔を見せてあげなさい。大丈夫。きっと長生きしてくれるわ」
「おばさん、よろしくお願いします」
瑠美はきちんと頭を下げた。
「じゃ、これと同じように書いて」
静香は身上書を開き、瑠美の前に広げ、先程と打って変わって、てきぱきと話を進め始めた。
「まあ、女の人は、体重書かなかったりする人もいるけど・・・。でも何でも正直に、が、うまくいくコツよ。スナップ写真でいいから、写真も一緒にね」
そして瑠美の頭を眺め、髪に触れた。
「お母さんが退院して落ち着いたら、土曜日にでも、美容院行ってらっしゃい。そうね、マロニエ通りの、ユキにいってらっしゃい。もう少し、大人っぽい髪形に、ね。少しずつでもいいから、お化粧の仕方も覚えなさい」

玄関で瑠美が静香を見送っていると、奥から順造が顔を出した。
「じゃあ、順造さん、お邪魔しました」
「いや、こちらこそ、いろいろお世話になって・・・」
「小夜子さん、来週退院なんですって。昨日病院にお見舞いに行ってみたんだけど、元気そうだったじゃない。随分顔色も良くなって。思い切って、心臓の手術して良かったわね」
瑠美は微笑んだ。
「有難うございます。会社の帰りだと、少ししか病院に寄れなくて・・・」
大丈夫よ。これからは、きっと、良いことばかりあるわよ」

                       (つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回の作品は、ちょっと長めです。
Nさん、いつもありがとう!
プロフィール

aoimikaduki

Author:aoimikaduki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。