スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAN


人気ブログランキングへ

門馬はパソコンに向かうと、キーを打ち始めた。
「知ること、知らしめることは、果たして亡くなられた方たちの供養になるのだろうか。こんな事件は二度と起こることはないと、記憶から消し、水に流すことが果たして善いことなのだろうか。
「こんな目にあうのは、自分たちだけで沢山だ。だから、忘れずに覚えていて…」
先人たちは、そう囁いている…。
掌に穴を開ける…。元寇の時と同じではないか。
700年前、壱岐、対馬の島民が皆殺しにされた元寇も、このような地獄絵図が繰り広げられていたのか…。九州から遥か離れた津軽地方の子守歌に、モッコ(蒙古)の恐怖が今も語り継がれているという。
中国大陸において被害にあった日本人の遺体写真を「南京大虐殺」の証拠写真として流用する。そしてそれに嬉々として加担する日本の中の知識人たち。
ああ、怒りを通り越して、頭が変になりそうだ。
もしも。
この「Sさんの体験談」が、作り話だろうと言う人がいるとすれば、その人は嘘をつくが常識の民族なのだろう。「毒餃子事件」の折、警察の科学調査による報告に対して、鼻であしらったコメンテーターは、証拠なんてものは捏造するのが当たり前の国に住んでいるのだろう。世論調査で、数字は当てにならないというニュースキャスターは、世論調査、ひいては報道において、何らかの操作をするのが常識、ヤラセなんて日常茶飯事の世界に住んでいるのだろう。
かつて「オウム真理教」は地元住人との話し合いの際、相手側から出された「お茶」に決して手をつけなかったという。彼らにとって、その中に「毒」を入れるなんてことは常識、当たり前のことだったのだろう。
「日韓併合」にしても、過酷な植民地政策をとっていた国ならば、日本は朝鮮半島の人々に相当酷いことをしたに違いない、それが当たり前のことだと考えるだろう。李氏朝鮮による、苛烈な支配を500年に渡って受け続けた人々は、支配されるとはそういうこと、しかもそれが他民族によってならば、どんなに辛い毎日であったかと想像しその中で悶え苦しむのだ。
中韓は過去に生きている。ネットで見かけた、その言葉の意味が今は良くわかる。

そして、もう一つの呪いの言葉「従軍慰安婦(性奴隷)」!
世界中に嘘をばらまかれ、永遠に性犯罪者の烙印を押される。従軍慰安婦であると名乗り出ている方たちが生きている間に、真相を究明しなければ。このままでは、歴史的事実として世界中から認定されてしまう。
戦争という極限状態はそこまで人を変えるのかと、日本人は考え苦しむ。
「南京大虐殺」「従軍慰安婦」。世界中から永久に非難されることをしでかしたご先祖様たちを恨みながら理解しようと苦しみながら、こうべを垂れて生きている。日本人は嘘をつくのを最も嫌う民族だから、まさか、それが捏造であるとは考えが及ばない。人を騙さないから、マスコミや政治家にまんまと騙されているとは、想像が及ばない。真実から目を背け、その問題に蓋をし、「さわらぬ神に祟りなし」とばかりに。それは濡れ衣だ!と声を上げる心ある有志を、社会的に葬り去ろうとさえする…」
門馬は次のサイトを開いた。

なでしこアクションより
教科書に「東海」併記バージニア州議会可決 現地在住日本人のお母さまたちからの報告
January 28, 2014Uncategorized

「東海」併記を州議会が可決したバージニア在住の日本人のお母さまたちからご意見と現地の様子を報告いただきましたのでご紹介します。

<参考ニュース>
「東海」併記、米州議会上院で可決 「我々は韓国人の側に立つ」

******************************************************

東海併記 信用のある日本の立場を大きく揺るがす

日本人の血を引く子供たちは概して気を使う子供が多く、非攻撃的で大人しいため、一般的に口答えもせず、目立とうとしたり中心的存在になることもない。特亜の血を引く子供たちは逆に、中心的存在に近い白人に近寄り、傷つけるようなことを平気で言ったり貶めたり、Bribe(買収)しようとする。
公立学校での教科書において東海併記となると、歴史的に信用のある日本の立場を大きく揺るがすことになり、「日本海も違うんだからXXも違うはず」という、これまで特亜がどうにも崩せてこなかった信用を崩す最初のきっかけを与えてしまう。それによって今後、雪崩式に日本への信頼、正統性が信用されなくなり、ひいては日本人の血を引く子供たちへのあからさまないじめ、日本の企業への信用が削り去られていくことになる。

再び、門馬はキーを打ち始めた。
「呼び方くらい、いいじゃないか? それで相手の気が済むなら。
安易に考えていた、自分の不明を恥じる。日本列島がなかったら、そこは(日本海は)太平洋だろうと2ちゃんで誰かが喝破していた。
勝負に勝とうと思ったら、同じ土俵に立たなければ絶対に勝てない。
我々ひとりひとりが知識と論理で武装し、戦士にならなければならない。
愛しき祖国、日本を守るために」

窓の外の空は、すでに白み始めていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aoimikaduki

Author:aoimikaduki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。